So-net無料ブログ作成

悲しい出来事・・・けーちゃん逝く [絆]

こんにちは

久々の更新ですが、大変悲しいお知らせです

実は

けーちゃんが、虹の橋を渡ってしまったのです

DSC01959 (2).JPG

4月19日午前3時、急変に気づいた時はもう虫の息でした

それでも、名前を呼ぶと返事をしてくれました

何が起こったのか分からず、慌てて夜間診療をしていただける病院に電話をしました

連絡がついて我が家から30分くらいの所にある病院に搬送しましが

すでに意識はなく、膀胱が破れて尿が腹部に貯留している状態でした

救命処置の方法もほとんどない状態の中、先生は懸命に治療をしてくださいました

しかし、効なく半日が過ぎた午後4時前に息を引き取りました

先生には残された時間をできるだけ苦痛の無いようにとの思いでかかわっていただき

感謝しております

DSC01545.JPG

けーちゃん、享年10ヶ月

まるで桜の花が散るがごとく早い死でした

DSC01583.JPG

亡くなる前日までさほど変わった様子もなくみんなで遊んいましたから

DSC00620.JPG

ほんとに信じられない思いです

先生のお話では腹部に何か鋭利なものが刺さったため膀胱を傷つけて長い時間をかけて

腹膜炎を起こしたのではないかとのことでした

長毛さんだったので腹部の状態に気づいてあげられなかったことが

本当に残念でなりません

「けーちゃん、痛かったね、苦しかったね。でもよく頑張ったね」

「けーちゃんの異変に気づいてあげられなくてごめんね」

DSC01736.JPG

空お兄ちゃんをはじめ

みんなけーちゃんのことが大好きでした

DSC01749.JPG

亡くなる数日前も

こうして、春の日差しを浴びながら戯れていました

4月20日、出棺の朝はみんなけーちゃんの枕元に集まってお別れをしました

でも、誰もけーちゃんのそばから離れようとしません

パパは「けーちゃんはずーっとみんなのそばにいてくれくれるからね」って

涙ながらに声をかけるのが精一杯でした

あの時のみんなの表情が忘れられません

あらためて絆の深さを感じた瞬間でした

DSC09786.JPG

「けーちゃん、短い間だったけど楽しいこと、うれしいこといっぱいあったね」

DSC00702.JPG

「お散歩中はいつもパパの足元で甘えていたね」

DSC00257-001.JPG

「いつも、おいしそうにごはんも食べてましたね」

DSC00502-001.JPG

「お気に入りの場所でくつろいでいましたね」

DSC09619-002.JPG

「みんなもパパも、けーちゃんが大好きだからね」

「これからも、みんなの心の中にいつも一緒にいてくれるね」

けーちゃん、安らかに・・・


                                   合掌  


nice!(42)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
在りし日のルナちゃんとウッシーちゃん runa 014-002.jpg いつも一緒にいてくれてありがとう runa 053-001.jpg runa 009-001.jpg Luna-e9cad.jpg Mineosaurusさんに 描いていただきました IMG_7925.JPG ウッシーちゃんジャンプ! IMG_1243-004.JPG IMG_1350-001.JPG お花見ウッシーちゃん 春爛漫だにゃ~・・・♪ブログを作る(無料) powered by So-netブログ m_E38186E38197E69F84E5908CE79B9FE4BC9AE593A1E8A8BC099-e7e67[1].jpg メールはこちらから 人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a>





</div>

<!-- Massage -->

<div id=

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]